2007年11月13日

父の脳梗塞

父が入院して一ヶ月過ぎてしまいました。
帯状疱疹は外見はよくなっても検査結果の数値はよくないようです
それと耳垂れが出てきています昨日から抗生剤投与です

昨日は面会に行ってもうず〜っと騒いでいました
意味がよくわからなくて興奮状態大声出して「字を書く書く」というので
ノートを用意してマジックを持たせて書き始めるんです
そしたらいきなりひっぱたくと書いていました。がく〜(落胆した顔)
誰がはたくのかわからないそれで益々興奮してきました
私は看護師でにでもはたかれるているのか心配でしたが誰にきけばよいのか
それと父の言う事が本当なのか脳梗塞の後遺症で頭の中が壊れてしまったのか
ちょっとわからないので悩んでいます。

その後も字を書くけれど犀川のことを盛んに言うのです
橋の名前をいくつか言いながら何か訴えるけれどその後が続かないのです
本当に理解できなくてふらふら
どうしたら良いものか?
耳の聞えがかなり悪い事もあって部屋では大声を出さないと話しにならないし
面会に行くのが億劫になります。

父はこのように声は出してしゃべれるけれど主人のように声が出なくてしゃべれない
どっちもどっちだわ〜〜〜〜〜
病院に行くのは一人だからもういやんなっちゃうexclamation×2ダッシュ(走り出すさま)ふらふら

今日はこれから認知症家族会です帰りに主人の面会してきま〜す。

ラベル:脳梗塞
posted by なお at 09:23| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 橋_(脳)橋(きょう、[ラテン語|拉]''pons'') は、脳の部位の一つ。脳幹に含まれ、前後を中脳と延髄とに挟まれる。第四脳室の腹側壁をなし、第四脳室をはさんで背側には小脳がある。前腹側から脳幹の..
Weblog: 脳について
Tracked: 2008-02-20 08:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。