2007年04月06日

身体障がい手帳の事で

今日は役所と病院を駆け回っていました。車(セダン)ふらふら

役所の「福祉課」に行ってまずは身体障がいしゃ手帳の申請の仕方を聞きました
訊くまで前の人がいたのでその間に県議会議員選挙の期日前投票をしました。
説明したけれど書くことが大変だ〜

簡単に説明するとまずはドクターに書いていただけるのか聴いてくださいのこと
それからその用紙はドクターの方にあるのでかいていただけるのなら
そちらでお願いします。
次にこの説明をしてから係りの人は別の人に聞いていた。
別の係りの人と二人で内緒話
申請用紙を取り出していた。

父の事を説明して一応用紙を頂いてから次に主人の事も聞いてみた
主人は精神障害手帳はすでにあるのだが
現在では身体は動かなくなってしまい文字どうり身体障がい者
今まで気にならなかったのだが
役所の方と話していたらもしかして「身体手帳」もあればもっと色々と免除できるとおもい
主人の手帳の事も聞いてみた。
その結果申請書はいただけました。

と言う事で今日はそれから両方の病院に行って看護師にその旨を話してきました
父の病院では「入院してから3ヶ月たたないの書くことが出来ませんが○○さんは
過ぎているのでドクターに聞いて見ますね」と言われたのでお願いしてきました。

その後に主人の病院に行きました
主人の方では看護師は良くわからなくて「事務に行って訊いてください」と
それで事務に行くと「相談員に訊いてください」
相談員さん良い所にいたので直ぐに訊く事が出来た。
「k脳神経外科のほうで直接訊いてください」
この間に色々と説明はしましたが。

主人の病院を後にして次は主人が昨年の11月に入院した脳神経外科に行く
ここでようやく渡す事ができました

車があるからいいけれどこれがなかったら大変だ〜
移動するにはバスででも行かなくちゃ
そのバスだって乗り換え乗り換えになる
何事も手続きと言うものは時間と手間のかかることです
しかも二人の事を同時にやっているので。

その後は自分の耳鼻科と内科に行ってお薬を頂いてきました。
しかし疲れた〜ふらふら
まだやり残した事があるけれど明日にします。
posted by なお at 17:13| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

脳神経看護手帳
Excerpt: 脳神経看護手帳
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-06-30 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。