2009年02月07日

他人と母

ヘルパーを初めて一年が過ぎたけれどこの間何人の人にお世話しただろう
今年から又新しく訪問が始まった

二人ともAさんは92歳の寝たきりおむつ交換と清拭をしている
こちらは70過ぎになる娘さんがいるのでお手伝い程度しかも娘さんは元看護婦さんなので
私のほうが教えて頂いている感じ

Bさんはまだ64歳こちらは70過ぎのご主人と二人暮らし
若い時に腰を痛めてからもう大変な手術の繰り返しをされて今で歩く事がやっと
毎日が痛い痛いの連発だそうだ
そして65歳にならないので介護保険が利用できないでいるだから実費なのです
子供はいなく二人ぐらしの年金生活

それと月に数回だけ施設に送迎している利用者さんもいる
このCさんは80歳ご主人が認知症独り暮らし
息子さんは53歳で癌で亡くなってしまった別世帯にお嫁さんとお孫さんがいる
ご主人は施設(特養入所)

認知症のおばちゃんも今はどうしているかな近所の話を訊くとかなり進んできているみたいだ

他人だと色々と話も聞けるし助言もできるけれど実際母のこととなると受け入れが出来ない
このところ母は調子がいいみたいだけれどヘルパーさんに来てもらえなくなると困ると言っている
なんでも自分で出来ているのに私からみれば我がままとしか見えない
先日も介護保険のことで市役所の福祉士がきて私にも同席してほしいと言われて
一応話しに加わったけれど・・・・・・・
母のいまの状態では介護保険では利用できないような事を言われた
これで母の気持ちが落ち着かなくなり私にひどい事をいった
「あんたは私のことを早く死ねば良いと思っているんでしょう!」などと
それからしばらく実家には顔も出さなかったし電話もしなかった

親子だから又元に戻ったけれどお嫁さんだったらこんな事言ったらきっと
両方でおかしくなるのかなというよりも言えないだろうな

ヘルパーをやっていると母より大変な人が沢山いるのにと
どうしても比べてしまうのです
父のことは大変だったけれどあの状態だから色々としてあげたかったから出来たんだと思う
母だってもし倒れてでもしたら私が介護する事になるのかな・・・
でもその時はきっと兄達に任せたいけれど

私もっと素直に慣れたらいいんだけれどな〜〜


posted by なお at 10:41| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113828027
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。