2008年11月14日

どうして

昨日はあんなに寂しがっていてしょんぼりしていた人が
今日はまるで別人だった!!

もうびっくり何を言われたかもう忘れてしまった
とにかく今日は顔つきも鬼のように怖かったがく〜(落胆した顔)exclamation×2どんっ(衝撃)

いつものように玄関をあけようとしたが鍵がかけてあったので
あけることが出来なかった
向こうから誰だの声がしてきた
挨拶そこそこ・・・それどころかもう来なくて良いから帰れ!!と言われた
そのまま私は様子を見ようととりあえず車に戻った

どうしたらよいかあちこち電話をしたが誰もいなかった
し方がないので実家に行ってこの話しをして30分そのままにしていた
母に話をして実家の仏さんにあったお酒とリンゴをいただいてから
それを持って又訪問した。

少しは落ち着いてとりあえず家に入れて貰えた
そして話を聞いてお酒を飲ませたらようやくいつもの状態に戻った

ケアマネさんからも電話がきて「いつもご苦労様」と励まされました
これからも大変でしょうけれどよろしくのことだった。

独居のひとを施設や病院に連れて行ことは本当に大変
本人の意思がないと病院も施設も行かれない
いくら認知症でわけがわからなくなっていてもできない
これが家族がいれば家族の了解でできるのだが

それにしてもこれから年末年始施設がお休みになったらどうなるんだろう
困ったことだ・・・・・・・在宅でどこまでできるかな〜〜〜〜

主人はまだ私がいたから安心していられたのだろうか?
主人を病院に入れて私は良かったと思っている
24時間の介護は本当にたいへんだ
自分もおかしくなるわ
今日のNHKの「認認介護」になってしまうだろうな・・・・
認知症の奥さんが認知症の旦那さんを介護するなんて考えられないけれど
でもそれが多くなっているのが現実


posted by なお at 22:31| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109675612
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。