2009年02月10日

家族会で

昨日長野市の認知症家族会がありました。
二ヶ月ぶりに開かれたのでメンバーの顔ぶれが久しぶりにそろいました。
そんななかで会報(長野県だけの)久しぶりに原稿を依頼されてしまいました。
以前はこのブログをそのまま会報に載せていただきました。

今回は何を書いたらよいのか困ってしまいましたが簡単に書いてみましたので
そのことをここにコピーしておきます。




「あれから色々なことがありました今は幸せです。」

主人が若年性認知症と診断されてから10年になります。
主人が入院たころはまだ病院の中を徘徊していました
あちこちの壁にぶつけて歩いていました。今ではベットから転落してその後からは
寝たきりなってしまいました。
あの時は本当に切なく毎日泣いてばかりでした。


その直後に父が脳梗塞になり母がうつ病になって一時は三箇所の病院通い
今ではそれが懐かしく思います。思い出すと涙がでてきます。
でも家族会に加わって大勢の方の介護の話を訊くと私だけではないと
励まされています。

幸せの中には「辛いに一本加える」となれるって言われた事があります
この10年間に娘が結婚して二人の孫が生まれて息子も結婚なんて出来ないと
思っていたらいつのまにか彼女が出来て「明日から家に住むから」と言われてびっくり
そして結婚。式は二人でしないということになった
息子は父親もこんな状態なのでする気はないと彼女の家の方でも反対もしないで
彼女もまた何もしなくて良いということになったのです。
そのうちに子供が出来て又又驚かされました。

その後脳梗塞の父が亡くなり一ヶ月後孫が誕生して今では孫の世話におわれています。
孫は男ばかり三人になって娘孫が帰ってくるともうにぎやか
この姿を主人にも見せてあげたいけれど家に連れてくるにはいつになるかな
そのころには家孫も歩き始めて又大変かも。

母のうつ病も落ち着いているので一安心主人のほうも落ち着いているので今の状態で
いてもらえたらと思っています。
そしてお嫁さんとも仲良くしているので今は幸せです。


posted by なお at 10:47| 長野 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。