2008年06月30日

御礼

この一週間があっという間に過ぎてしまいました。
父が逝ってから明日で一週間です毎日病院に通っていた事がうそのようです
寂しいような気もするけれど・・・・・

お悔やみのお言葉ありがとうございました
本来ならお一人お一人に御礼の言葉をしなければいけないのですが
ここに書かせていただきます。

クレイワーク千染さん・たかさん・にゃんこさん・ kei さん・ひとみさん
 tami ちゃん・けいちゃん

コメントありがとうございます

皆さんに応援していただいて私は心強いです
父は亡くなってしまいましたがまだ主人の病院生活は続きます
そして母のことも心配です。
これからも先があるのでよろしくお願いします。

上手く書けなくて本当にすいませんでした。

昨日ちょっと驚きました
あんな所でtami ちゃんに声を掛けていただきました
本とびっくりしました
去年の秋だったかな父が新町病院に入院していて帰りに国道を
走っていたらtami ちゃんがいて私思わず車を止めてしまって
それ以来でした。
私の顔覚えていてくれていたのは嬉しかったですよ。
いつか又会えたら良いですね〜





posted by なお at 21:38| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

父が・・・

22日〜23日に替わった夜中2時過ぎ病院から電話が・・・
いよいよ来たか〜〜
ぱっと飛び起きて携帯電話を手に取りました
「お父様の様態が変わったのできていただけますか?」
「20分〜30分で着きますが間に合いますでしょうか?」
「20分もつかどうか・・・・?」
「直ぐに向います」

こんな状態でした直ぐに妹に連絡して私は一人真夜中の病院に向いました
凄く遠くに感じました。
道路は車(セダン)は数台走っていただけそして信号機もほとんど青で通過
なのにいつもより時間がかかった感じでした。

病院に着くとドアは開けてくださってありました普通は夜中は鍵が掛けてあり入ることはできない
看護師さんは迎えに来てくださっていました

部屋に行き父の顔を見ると目は動かなくもうほとんど・・・・・
モニターの数値が低くなっていたようですが私が着く少し前から
又上がってきていました。
このままでは普通ならどんどん下がってきて30分持たないと看護師は話されていました。

でも不思議な事に看護師さんが私に電話をしてから父に「長女さんがくるから頑張って」と
声をかけてから又上がってきたようです
妹と母が到着するまでそれから20分がすぎていまし

それから一時間が過ぎて数値は安定してました
母は昼間父に逢ったからもう息を引き取ってから良いといっていたので
とりあえず妹と家に戻りました。
家にもどったのは3時前後だったような
それから私一人で付いていました。
手をさすったりしながら

看護師さんが不思議だとずっと言われていました
「こんな状態の人10年仕事していて初めて見たよこれから先もずっと
記憶に残ると思うよ」と
「貴女のことが一番だったんだね」と「凄いよねよくだよ」
それから外も明るくなってきました。
安定状態でした。

朝になってからまだ落ち着いていましたちょっとベットを離れて外の空気を吸いに
コンビにまで行って来ました。
部屋に戻ってくると急に数値が下がって来ました。
急いで看護師さんを呼びました
看護師さん走ってきて酸素をいっぱいにいれて声を掛けて
私も「お父さん兄が千葉から来るまで頑張って」と大きいな声で呼びました
何度も何度も呼んだけれど今度は上がってきませんがく〜(落胆した顔)

男性看護師「お兄さんは何時に来れるの?」私「10時にここに着きます」
「それまではちょっと・・・・・」何度もそれからも声を掛けても
戻ってきませんでした。
妹は仕事に出かけてしまったけれど連絡がつき何とか間に合いました。

午前8時52分静かに息を引取りました。もうやだ〜(悲しい顔)
兄はとうとつ間に合いませんでした
息を引取ってから母に電話しました。
妹はあちこちに連絡してくれました。
父はその後体からモニターを外されて綺麗にしていただきました。
父の使用していたオムツは帰りに全部主人の方において来ました。

最後静かに逝く事が出来て父も心無くできたことでしよう
あの世に行ってゆっくりして欲しいです
ようやく家に戻れて安心したことでしょう。
私もホットしました。(こんな事言ってはいけないね)

今日はもう骨になってしまいました
友引の為明日が告別式です。

不思議として涙がほとんど出てきませんこれから寂しくなるのかな
又母がどうなるのか心配です。

posted by なお at 20:51| 長野 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 父・母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

この二日間

昨日は忙しかったわ〜ふらふらでも楽しみもありました。

朝から庭木の剪定が入りました

剪定前の庭です

    DSCF2682.JPG 
ハナミズキがぼさぼさ状態です向こうが見えない

剪定後です

    DSCF2684.JPG
すっきりしました。

午後は二階のクローゼットと押入れの片付けしました。
引っ越してから8年物が増えてきた事と孫が生まれる事で
古くなった物の処分です。

クローゼットの中には主人が以前に勤めに行く時に着ていた背広です
背広が何着かあり今までは処分することが出来なかった
でももう良いかなと思い全部出しました。
コートもあった
なんだか色々な思い出があって悲しくなってしまいました。
そしてこれ来て歩く事は出来ないんだなーと思うとさらに切なくなってしまった。
でもまだ部屋に出しただけいつ片付けられるんだろう〜

そして夜はプロ野球観戦してきました。
ヤクルトXソフトバンクです
前回は父とヤクルトX楽天を観戦したのですが
その父も寝たきりになってしまいなんだか寂しいです。
でも昨日は友達を誘って観て来ました。
父の変わりに沢山応援してきました。楽しかったです

今色々と思い出していたら急にもうやだ〜(悲しい顔)が出てきてしまいましたよ〜

ヤクルトは3対2で勝ちました
青木選手が2ランホームランその後もヒットを打って昨日は凄かった
父に見せたかったな〜
   
    DSCF2693.JPG  DSCF2694.JPG

そしてピッチャーは石川君でした
    
    DSCF2686.JPG  DSCF2687.JPG
    
    DSCF2690.JPG

応援もにぎやかで楽しかったわ〜

そしてこのことを今日父に報告してきました。
父は小さな声を出して何か言ってました喜んでいたのかも
それか自分の行きたかったのかな・・・・・・
父の様子は血液検査をしたのですがその結果はかなり悪い上体だそうです
ドクター達はこれでよく持っていると驚いています。
今日面会に行った時丁度背中のじょくそうの手当をしていました
ドアが閉まっていたのですが開けてみてしまいました
驚きました大きく出来ていました。がく〜(落胆した顔)
あんな大きな穴が開いていれば相当に痛いんだろうな〜可愛そうです。

主人の方に行ってみると変わりはないようでした
おやつはバナナと飲むヨーグルトを食べさせて来ました
いつものように名前を呼んであげると「ハイ」と返事が
おやつを食べさせるのに声を掛けると又「は〜い」と
これだけの言葉しか出ません。

今週はなんだか忙しかったわ〜



posted by なお at 18:35| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

辛いな〜

娘・孫達が金曜日に帰っていきました。
先週はほんと忙しかったわ〜にぎやかであっという間に過ぎてしまいました。

娘達帰る前にもう一度主人に合わせようと思って前の日の
木曜日病院に皆で行きましたが
最初に爺ちゃんの方に面会に行き後で主人の方にと思ったのですが
孫達が病院の独特な臭いに敏感でダメでした。
結局娘は逢わずじまいでした。

私も今週二日会いに行くけれど最近はちょっと又会うのが辛くなっています
顔を見ることがなんだか・・・・・・・
今日も面会して来ましたが丁度ベットから車椅子でホールに出る準備しいました
体を持ち上げるのに助手さんたち二人で抱えていました。
背中は真っ直ぐになったまま時々ピクピク驚いたように手を動かしていました。
その姿を見ることがとても辛かったふらふら

自宅で介護できない自分が情けない。
そうかといってこれからさき介護で一生終わりたくないし
やっぱり私のわがままかな?
posted by なお at 22:01| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

白馬

娘達は一昨日の夜遅くに来たのです
昨日は病院に行く前に午前中は白馬のいい気分(温泉)「おぶや」に行きました。
http://obuya.jp/

去年の秋に出来た新しい日帰りいい気分(温泉)です
お客さんがほとんどいなくて貸切状態でした。
お風呂がそのため私たち以外誰もいなくてとてもゆっくりできて
最高でした。
泉質もよく肌がつるつるしました。
泉質は非常によかったけれど食事がちょっとでした
値段も高かった!!

あ!その前にジャンプ台にも行きました
そこでは丁度サマージャンプの練習していました
凄かったな〜
ジャンプをしているのをこの目で見たのは初めてでした
孫達も大喜びわーい(嬉しい顔)

サマージャンプは水を放水してから飛ぶんですね
  DSCF2625.jpg3.jpg  DSCF2626.jpg2.jpg

飛んでいる姿ってこんなに小さいんですよ
いかにジャンプ台が高いのかわかります。
よくこんな高い所から飛べるな〜がく〜(落胆した顔)
 

posted by なお at 22:39| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。