2008年02月29日

発売されました


徳永さんの薬師寺ライブのDVDが27日発売されました
昨年WOWOWで2回放送されて録画はしたのですがやっぱり綺麗な映像で
見たくなりました。
我慢できずに注文してしまいました。

   薬師寺LIVE
安いお店と思って探したらやっぱり一番安い所はAmazon.co.jp

徳永さん新曲が出ます


 待望のニュー・シングルの発売が決定しました。

収録曲「抱きしめてあげる」はTBS系ドラマ愛の劇場「スイート10」主題歌(3/3放送開始)に決定!
UMCK-5201 / ¥1,200-(税込)

今から楽しみだわ〜活気に満ちたハート

そういえば辛島さんの昨年11月に発売になったCDアルバムも
最近買ってしまったわ

ブーケガル二です

  ブーケガルニ
    
空の青 海の青 風の青 / ハッピーバースデー / ただそばにいて / 抱きしめて /私と風の散歩道 /
シアワセツカモウ/あなたの愛になりたい / ミカヅキミチ /睡蓮/私の素直 /
サイレント・イヴ〜snow a cappella〜 / 千の風になって



お二人ともラブソング最高です。







posted by なお at 20:48| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

寂しいのかな?

昨日の主人の様子です
昨日はおやつ持って行くの忘れてしまい何も食べさせること出来ませんでした。
何もしゃべれないので言われないから良いけれど
手(パー)手(グー)てきました。何か主人に言うと強く手(グー)っていました。

隣のベットも患者さんがあまりにも「おーおーおー」と言ってるのでちょっと顔をだしてあげてたところ
変な態度をとり始めましただから私は少し怒りました。
後で看護師さんにそのことを主人のところで話していたら主人は笑っていたのです。
意味がわかっているみたいですがく〜(落胆した顔)
そろそろ帰るいって手(パー)を離そうとしてもなかなか離してくれませんでした。
寂しかったようです。
昨日は夕方から雪が活き良いよく降っていたのでそのことを話したら主人は
わかったようで手(パー)を離しました。
そして何か意味はわからないけれど声を出していました。
きっと「気をつけて帰りなさい」とでも言いたかったのだと思います。
そんなこと今思い出したらちょっと悲しくなってしまいました。

仕事で毎朝ヘルパーに行ってる一人暮らしのお爺さん・お婆さんたちも寂しいようです
お爺さんは最後に食べるみかんを私に半分下さいました。
ちゃんと皮を綺麗にむいてくださるのです。このときは嬉しいです。わーい(嬉しい顔)
今朝はお婆さんのところでしたが
数回お世話をしてなれてきました 
このお婆さん私のことを仕事の事で「又あの人間違っていたんだって?」と
この前そのヘルパーさんが訪問する御宅を間違えたのですが
今週月曜日に私のところも間違えたのですそれを他のヘルパーさんから
聞いたらしく私に「又間違えたようだけれどどうだった?」と

まさかここでそれを聞くとは思わなかったけれどがく〜(落胆した顔)
お婆さんに正直に話したら「あんたは悪くなかったかそれでいいんだよ」と言ってました
そしてこの次あの人来たら言ってやるからねだって
ま〜それも困るから「言わないで下さいって」言ったら「だめだよしっかり言わなくちゃ」
そしてその後ベットまで誘導介助してあげる時に自分の亡くなった旦那さまの話をされていました
お爺ちゃんはかわいそうだっんだよと言いながら少し涙流していました。
寂しそうでした。
言う事はきついけれど気持ちは優しい人だと思いました。

なんでも人に優しく思いやりの気持ちが大事だと思います。
だれでも優しくしてあげれば優しくされるのだと思います。
この気持ちでヘルパーをやれたらな〜と・・・・・
posted by なお at 16:06| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

あんどーなつ

あんどーなつ 1 (1)あんどーなつ 1 (1)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] あんどーなつ 1 (1)
[著者] 西 ゆうじテリー山本
[種類] コミック
[発売日] 2006-06-30
[出版社] 小学館

>>Seesaa ショッピングで買う


前にこの漫画週刊誌で読んで面白かったのでコミッミクになったら
読もうと思っていました。
それからもう第六巻が今週発売になります。
又一気に読もうかな。

頑張る姿を読むと私も頑張るという気持ちになれます。
この主人公のように頑張ろうっと!!
posted by なお at 13:22| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

父の脈拍が

二人の面会してきました。

父の脈拍が昨日140にもなったようですがく〜(落胆した顔)
このためにIVHもできなくなりました。普通の点滴のみです。
ドクターの話ではこのままでは心臓が段々に弱くなって行くと・・・
今はIVHもキケンなので出来ないとのこと。

今日は午前中は落ち着いていたようですが午後から又多くなってきていました
そのために脈拍をおさえるための薬を注射したということです。
父は私に「運動会をした」と言ってました。
呼吸もぜいぜいと音がして苦しいようでした。
まだ元気には見えるのですがいつどうなるかとドクターは心配しているようです。

主人はま〜変わりなくしていました。
隣のベットの患者さんは女性の顔をみると「お〜お〜」とこえをだして
いつもお世話している助手さん看護師さんに「ちゅちゅ」と声をだしていました
家の主人は何もこえを出していない
だから少しは声を出してと言ってみたけれど何も答えが帰ってこなかった
ただ手(パー)だけは手(グー)ていました。
帰るよというと自分から離していました。

posted by なお at 19:11| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

胃ろうは

昨日父の胃ろうの説明を聞いてきました。
結果として胃ろうは出来ないとの事です。

それは胃ろうにするにもまずは頚管栄養をしてからだそうです
次に胃ろうになるそうで父は鼻からの管はやってほしくないと拒否しています
脳梗塞で倒れて最初にこの鼻からの栄養を入れていましたがこのときに
かなり辛かったようです。

これが出来ないと胃に穴を開けて管を入れる事もできないようです
精神科病院に入院しているので今主治医が二人です
内科的にはできれば胃ろうにしたいけれど
精神科のドクターに言わせると本人が拒否しているので法律ではできない
ということです。
この話を詳しくドクターから説明があったのです。
そして胃ろうが出来ないという事だ点滴だけの栄養
でもその点滴は血管がもう細くぼろぼろ状態でどろどろ状の液体は
入っていかなくなっているので
次はIVHで栄養を入れることだそうです。
このIVHにしても本人は管を取ってしまうかもしれませんがく〜(落胆した顔)
そうなったら拘束されます。
手に袋をつけるのですこれをしないと危険だからです。

これは一年前に入院した当時にもやっていたのですが
こんなに大変なものだとは知りもしなかったのです
一応説明はあったけれど・・・・・

今その時の説明書を見直しました
その時は落ち着いて見る事が出来なかったのです

Intravenous Hyperalimentation(中心静脈栄養法)の略称。大静脈(胸か首か鼠径)にカテーテル(管)を入れて高カロリー輸液で栄養補給する術式。管は20-60cm程度あり、出口は皮膚に縫い付ける。
手術後や消化器疾患患者などで食事が出来ない場合に使うことがある。

胸に太い針を突き刺して大静脈にあたってからカテーテルを入れるが、肺にまで達して気胸になる事故が結構起きる。

今週中は今のままでやるそうです
食べることはできなくなりました。

posted by なお at 16:36| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。